« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/21

耳こそはすべて

 先週、加藤和彦さんが亡くなった。
 その2週間くらい前のこと。親父とビールを飲みながら先日のザ・ビートルズ祭りを話題にしていたら、1968年当時にマジカル・ミステリー・ツアーと並ぶくらいヘヴィに我が家でかかっていたのがフォークルの「帰って来たヨッパライ」だったなァなんて話になった。ある意味「帰って来たヨッパライ」はマジカル・ミステリー・ツアーに入ってても良さそうな出来の一曲だし。なので親父曰く僕が幼い頃「一番聴いていたシングル」なんだそうだ。僕が4歳の頃だけどフォークルを腐るほど聴いた(聴かされた)ことはよく覚えてる。「もしかすると世界に通用してたかもしれない日本のミュージシャンは?」という問いに親父は「加藤和彦とYMOの二人(誰と誰?)だな」と答えていた。偶然だけど、親父もニュースを聞いた時はビックリしていた。

 話はそれるけど「帰って来たヨッパライ」をWikipediaで見てみると、英文曲名表記は「I Only Live Twice」、明らかに日本が舞台の007映画「007は2度死ぬ(You Only Live Twice )」を意識したもの。そして最近読んでいたジョージ・マーティンの「耳こそはすべて」という本では、ジョージ・マーティンがポール・マッカートニーとサントラを手がけた映画が「007は2度死ぬ」となっていた・・が明らかに「死ぬのは奴らだ」の間違いで、ジョージ・マーティン本人が間違えたのか訳者が間違えたのか分からないが(僕は子供の頃からこのサントラが大好きだったから)とても気になっていた。さらに奇遇だ。

 ある時期までの加藤和彦さんはたしかに数少ない日本が世界に誇れる音楽家だった。僕がリアルタイムで観た最後の映像は80年代初期のTV番組「アップルハウス」だしレコードも安井かずみさんとの3部作を聴いたのが最後で随分昔の話だけど、それまでは随分お世話になっていたと思う。
 ところでムーンライダースをバックにアップルハウスの司会者だった竹内まりあさんとゲストの高中正義(元ミカ・バンド)氏でサイクリング・ブギを演奏している映像がYoutubeにあるみたいだけど、僕の記憶では同じ頃にもっと狭いTVスタジオでつのだ☆ひろ(元ミカ・バンド)氏がドラムスを叩いたサイクリング・ブギが放送された記憶がある、これは記憶違いかな。ザ・ビートルズ同様、久しぶりにミカ・バンドでも聴いて昔に浸ってみるか。→現在我が家にはライブ・イン・ロンドンのLPしかないけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »