« 1時間2000ルピア バリ島2009 | トップページ | パダン料理 バリ島2009 »

2009/07/21

目標は毎日マッサージを受けること:其の1

tornosの妻です。家族でのバリ島旅行はスケジュール的に今後しばらくはお預けになりそう。ならばとことん楽しまなくてはもったいない。日本ではお金が出せないけれどバリ島なら気軽にマッサージ三昧を味わえる。
「絶対にマッサージ屋とSPAにいっぱい行ってやる!」これが私には最大の旅テーマ。

もちろん予算には制限があり、ガイドブックにあるようなお店でアロマオイルマッサージ1時間・50ドル、なんてとても手が届かない。これでも「日本に比べたらかなり安くて
贅沢気分を味わえる」と人気が高いみたいではありますが、、。
結果として、毎日とはいかないまでも、合計6回とかなり満足な頻度でマッサージed。

①成田空港第2ターミナル内でリフレクソロジー20分間・20ドル
早くも成田からやってしまいました。初めてですよ、空港でなんて。なんて贅沢!店内は暗めの照明でラベンダー系のアロマが漂い、ヒーリング音楽が流れていました。けっこう込んでいて、どうやら私以外の客は全員アメリカ人のようです。彼らには全身指圧が人気でした。体のサイズが違うのに料金は同じかよー、スタッフ大変そう、、、、と。
それにしても20分なのにとても密度の濃い、ハイパー足揉みテクニック!痛そうにするたびに、担当のお姉さんが「これは腸のツボですね。」とか「ここは眼の疲れです。」と小さな声で教えてくれます。おかげで機内での浮腫がかなり楽チンでした。

②到着翌日の朝、レギャンの宿泊ホテルから2軒となりで30分間・3万ルピア(約300円)
朝食後に近所をブラブラして、パーマ屋で再びリフレクソロジー。通常は1時間・5万ルピアのところ、30分間で済ませたかったので割高でもOKにしました。夫の担当はおかみ、
私は若いお姉さん。最初にボウルで両足を洗って貰い、ニベアを塗りながらグイグイと
痛気持ちよく揉んでくれます。途中、何度となくおかみからお姉さんへの「もっとこんな風に」というピンポイント指導が繰り返されます。ムダ話も一切せず、集中して揉んで貰えてリフレッシュできました。リフレクソロジーは手軽でいいなー。

Dscf5317s

③3日目の朝、恒例のガイドM氏と再会。夫が肩や背中が疲れているという話をしたので
ここぞとばかりに私もマッサージ行きたがりアピール!。M氏は即座に「近くにいいスパがあります。行きましょう。」と、われ等が価格帯を確認する前に到着。お店の名前は
”バリラトゥ”です。写真にあるように、立派な建物、、、周囲は癒される田んぼビュー。
どうもM氏はわれ等の財布状況を誤解しているのか、または日本人だからある程度キレイなお店でないといけないと思っているのか、、、とりあえず過去の経験からコミッション目当では無いと思います。

入店すると冷たいおしぼりと飲み物のサービス。受付の男性は日本語が上手です。ボディスクラブやストーンテラビー、若返りフェイシャル、痩身トリートメント、デトックスマッサージ、、、、豪華なラインアップが並びます。われ等は10万ルピア(約1000円)以上は高いと感じてしまう貧乏性なのになーー。 結局、一番安い頭と肩のマッサージ1時間・30ドルを2人とも選びました。後でシャワーを浴びるのは面倒なのでオイルは無しとお願いしました。

部屋に案内されると、田んぼを通る清々しい風が気持ちよく、担当の女性達も黙々とマッサージを開始。途中、オイル登場!? ベッドにうつぶせで横たわっていたので塗られた時にはすでに遅し。でもオイルが無いと調子が出ないようだし、まあ良しとしましょう。
バリニーズマッサージは結構しっかりと力を入れてツボもとらえてくれるのでナイスです。
夫も書いていましたが、息子が生まれる前に2人でバリに来ていた頃の感じを思い出しました。ああー!ある程度の金額を出さないと、この贅沢は癒し感は味わえないのですよ。

マッサージ終了後は、オープンエアのシャワースペースで開放感を味わい、全身サッパリとして大変気持ちよかったです。オイル有りで正解。最後に温かいジンジャーティーを頂きました。
受付スペースに戻ると、M氏と息子も散歩から戻っていました。その後30分程、息子は受付の男性と遊んでもらい、夫とM氏は田んぼの前でお喋りをし、私はモタモタと日焼け止めを塗ったりしていました。

あー、気持ちよかったーー!

其の2に続く

|

« 1時間2000ルピア バリ島2009 | トップページ | パダン料理 バリ島2009 »

コメント

レギャンのマッサージ、店はわかったぞ!
でも、あの店の姉ちゃん達、ワタシが前を通るだけで「クスクス」毎回笑うので、
「何笑ってんだよぉ?あぁ??」
と絡んでオシマイ。ちなみに通る度にいつも!!
なので、一度も店に入ったことはありませんψ(`∇´)ψ

投稿: ボスザル | 2009/07/23 12:37

分りました?さすがボスザル殿。
ほんとに、アユ・ビューティーサロン風なとこです。

われ等が行った時には、胸が豊満なおかみと、助手の
若いおねえさんの計2名しかスタッフがいなかったですが、、。

結論:おかみがいる時はオススメですね。お姉さんだけ
   だと指導者不在だから違うのかも。

なぜボスサル殿が笑われているのか、、、ひょっとしてみんなでボスザルがどこの国から来てるか当てっこしているという推理に一票!

投稿: 妻 | 2009/07/23 14:47

分からないんだけど、笑うのよ。
しかもね、コソコソ・クスクス笑うのよ!!
最初、「ハナクソでも出てんのか?」って思ったり、「社会の窓全開か?」って色々考えチェックしてみたがそうじゃない・・・。う~~ん、、、謎だ!

投稿: ボスザル | 2009/07/23 19:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16319/45703476

この記事へのトラックバック一覧です: 目標は毎日マッサージを受けること:其の1:

« 1時間2000ルピア バリ島2009 | トップページ | パダン料理 バリ島2009 »