« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/29

Colin McPhee

Colinmcphee

 久々のコリン・マクフィー(マックフィー)である。
 カナダ人音楽家のコリン・マクフィー(1900~1964)は1930年代にバリ島に移住しガムランを研究、「Music in Bali: a study in form and instrumental organization in Balinese orchestral music」という大著を残した。(まだまだ植民地主義な時代-当然本人も少々王様なわけで、かつ滞在した時期は欧米人によるバリ島のイメージがまさに完成する頃)そしてガムランに魅了された音楽家らしい作曲がいくつかある。
 さらにガムランとの戯れ/バリ人との交流を描いた滞在記「House in Bali(熱帯の旅人-バリ島音楽紀行)」は、70年を経過した現在も人気のある紀行文である。僕が初めてバリ島に行ったのはこの本がきっかけだし、バリに通う人たちにとってはヴァルター・シュピースやマーガレット・ミードらと並んで避けては通れない名前である。

 とはいってもバリ島もしくは音楽に興味の無い人には、なんてことはない人物なので、こんなニッチな市場のために本が一冊出版されているとはまったく気がつかなかった。
 で、その本が「魅せられた身体―旅する音楽家コリン・マクフィーとその時代」という小沼純一著作の本。asahi.comの書評を引用すると「ガムラン音楽に魅せられ、1930年代にバリ島に渡ったカナダ出身の音楽家コリン・マクフィーの軌跡を追いつつ、音楽における越境について深く広く考察した書である。」だという。音楽における越境・・・
 小沼氏らしい独特な文章で、20代の若者にでもなった気分で読まないとちょっと混乱するけど、テーマは普遍的だし音楽の知識も必要なく読める。そこにニッチなマクフィーを中心においたという点がとても面白い。ただしギャンブルではなくて必然のコリン・マックフィーである。

 バリ島に行く準備として読み始めたんだけど、参考書としてマクフィーの「熱帯の旅人-バリ島音楽紀行」、東海晴美さん他の「踊る島バリ―聞き書き・バリ島のガムラン奏者と踊り手たち」、エイドリアンヴィッカーズの「演出された「楽園」―バリ島の光と影」を並行で読みながら、すっかり頭の中がバリ島になってきた。昨年は「もうそろそろバリもいいかな」なんて気分でバリに向かったんだけど、今年はもうすでにナシ・チャンプルが食べたくて仕方が無い。

「魅せられた身体―旅する音楽家コリン・マクフィーとその時代」→amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/26

STEINBERGER

Img_0734

 blogに書くほどのことでもないけど、久しぶりにSTEINBERGERベースを引っ張り出してみた。とはいってもAll graphiteのL2ではなくBolt Onの廉価版XP2。シリアルNo.775。
 というのも最近はすっかりほぼ毎日The BeatlesとThe Beach Boysばかり聴いていて、この2つのバンドといえばやっぱりベースラインだろう(個人的にはThe Beatlesといえばジョン・レノンのリズムギターなんだけど)、ということで久しぶりにコピー開始。我が家にあるベースギターで一番音の粒がまともなやつがSTEINBERGERだった。というか形は超80年代だけどやっぱり音はかなり良いです(というかこの手のコピー作業にはうってつけ)、これ。

 20数年前にKちゃんとアマチュアバンドをやっていた時に使っていたのがこのベースだった。その前までは少々アバンギャルド(笑)なバンドをやっていて、ぶんぶん音を振り回してもコントロールの容易なYAMAHAの安いショートスケールを使っていたのだけど、新しいバンドにはどうもしっくりこなくてSTEINBERGERベースに切り替えた。そのバンドがいかにもThe Beatles+Brian Wilsonなバンドだった(曲はオリジナルでしたが)というのが今思うとなんだかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/05/23

The Beatles

Abbeyroad_s

 すっかりblogを更新することを忘れてました。この5年間で僕のようになんとなく書かないうちに何年間も放置しているblogを沢山みてますがここもそうなってしまうのでしょうか?せめて旅行に行った時くらいは勢いよくやりたいとは思いますが、そっちのほうも新型インフルエンザのせいで色んな意味で困ってるという、そんな感じです。

 数週間前に「アイ・アム・サム(I am Sam)」というショーン・ペンが主演した数年前の映画を借りて観たところサントラが全部ザ・ビートルズのカバーってことで、それに影響されて通勤のお供はザ・ビートルズばっかりになってます。ザ・ビートルズといえば誰でも知ってるバンドですから、なんだか気恥ずかしいのでヘッドフォンからの音漏れには細心の注意をはらって電車に乗っています。

 ところでザ・ビートルズのアルバムをiPhoneに入れて聴いてると、デジタル化からかなり経っていることもあり、とにかく音の調子に苛々してしまいます。当時としては音は良いほうだったと記憶してるしアナログ盤をまわしてスピーカーで聴くかぎりそんな不満はないのですが、特にサージェント・ペパーズやマジカル・ミステリー・ツアーあたりは音があっちこっち行ってるからなのか、強烈な録音をもっとよく味わいたいという欲が働くのか、ヘッドフォンで聴くとかなり辛い。右耳の調子がイマイチなのも災いしてるかも。
 そんなところに9月にやっとオリジナルアルバムのデジタルリマスターが発売されるんだそうです。どんな音になるんでしょうね、少しは買ってしまいそうです。「The Beatles in Mono」なんていうマニアなモノミックスのボックスも出るらしいし。

 そんなわけで今日はおなじみのアビイ・ロード(ABBEY ROAD)を聴いてました。我が家にあるアナログ盤は親父が1969年末に買った東芝音楽工業製のヤツでジャケットは分解しないようにセロファンテープで囲まれなんともいえないボロい味わいがありますが、重量級のレコードのほうはいまだ現役で、回せばなんとも安心な音を最後まで出し続けます。

「アビイ・ロード(リマスター盤)」→amazon.co.jp

「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リマスター盤)」→amazon.co.jp

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »