« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/22

塩竃

Img_0646

 仕事で「塩竃」に行った。一夜明けると雪が積っている。こんなに雪を見るのは今年初めてだったのでちょっと感激。
 しかし。。。帰りの特急は「いわき」~「原ノ町」間の強風のため運休。仙台に一泊して翌日の特急に乗ったものの強風でやたら遅くて、家に着いたころには体もヘロヘロ。風邪をひいてしまいましたとさ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/02/17

テロル

Lattentat

 ヤスミナ・カドラの小説「テロル」を読んだ。

 話はとんで、作家の村上春樹氏がエルサレム賞の受賞スピーチで語った「卵がぶつかって壊れるとき、どんなに壁が正しくても、どんなに卵が間違っていても、わたしは卵の側に立つ」、まさに「作家とは」である。ちょうどヤスミナ・カドラの小説を読み終えたばかりだったので強いインパクトを受けた。とても分かりやすくコンパクトにまとめたスピーチだった。

 話は戻って、この小説はテルアビブ在住ベドウィン族医師アーミンの妻が自爆テロを起こすという衝撃的な出だしで始まる。そしてアーミンは妻が自爆テロを起こしたその真相を探す旅に出るのだが、アラブ系でありながらイスラエルに帰化した人間そして医師という立場によって翻弄される。ヤスミナ・カドラ自身はアルジェリア出身フランス在住の作家ということでイスラエル/パレスチナに対して間接的な主人公を使ったのだろう。最後の舞台がジェニンというところや旧ベドウィンの牧歌的なシーンと自爆テロを抱き合わせにしたところがなんとも強烈だった。数年前にテレビなどでも自爆テロが頻繁にニュースに登場していた時代。もちろん壁も登場する。

「テロル(ハヤカワepiブック・プラネット) 」→amazon.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

苺狩りライド

 日曜日はbicycle park O2主催のランチライドに参加しました。今回のランチライドはひたち海浜公園を出発し阿字ヶ浦→平磯→那珂湊→大洗と海岸線に沿って走り、涸沼の周りを1周し鉾田の「元気百笑隊」まで行ってイチゴ狩り。帰路は海岸線を戻り那珂湊のお魚センターにあるレストラン「やまさ」で昼食をとり、ひたち海浜公園へ戻るというものです。走行距離約50kmの予定でしたが、涸沼を周ったりで70km程度を走りました。今年の最長距離です。

Img_0624s

 海岸線を走るのがとても気持ちよかった。気温もほどよく日差しが出てくると沖縄を走ったときを思い出すほど海の色が綺麗でした。

Img_0632s

 苺狩り。ふだんはまったく苺を食べないので・・・何年振りでしょうか、こんなに苺を食べたのは。

Img_0637s

 「やまさ」でお食事。とにかく那珂湊のお魚センターの混み様にはビックリ。となりのアラさんの食べてた海鮮丼がとても美味そうだった。僕は腹が減っていて天ぷら定食にしたけど、とにかくとなりの海鮮丼が美味そうで困りました。

 ところで自転車に乗り始めて約3年が経ちましたが、1年目は約2,000km(普通の人は年間3,000km以上走るんだそうです)、2年目も約2,000kmと走ったものの3年目はたった400km(内110kmは沖縄)。昨年は冬に全く乗る気が起こらず、春から夏にかけては仕事が忙しくて休みはほぼダウン、沖縄を前にやっと乗り始めるというテイタラクでした。なのでなんとか今年はサボらず冬から乗ろうと思っております。
 (またまたブログを書くまで時間がかかってしまいました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »