« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/29

Chord Play

 コップを洗っていたら持っていたコップが突然割れて左手の人差し指をサクッと切ってしまった。血の量が思ったより凄くて息子がビビッて絵本を読みはじめた(現実逃避)。

Chordp076

 ということでギターが弾けません(普段から弾いてるわけじゃないけど)。なので片手でもゆったりとした曲なら弾き語れるiPhoneのネイティブアプリ「Chord Play」→http://www.rubbledev.com/iphone-apps/chord-play/でThe BeatlesのAcross the Universeを弾いてみた(これなら弾けそうだから)。こりゃ楽しい。プリセットのコードには何故かセブンスやsus4がなかったので追加。今のところストロークとアルペジオくらいしか出来ないけど意外といける。結構売れてるらしい。

 コードチェンジと弦のタップを同時に認識してほしい(解消必須)、カッティングやダブルノートやダイナミックスをサポートしてほしい(奏法)、playモードを複数パターン記憶する(ひとりライブ対応)、オープンチューニング用の音源を追加してほしい(表現力)等等の希望はありますが、とりあえずバージョンアップに向かって今後も頑張ってほしいアプリでした。

 車のサイドブレーキをおろしたら思わず左手の人差し指をはさんだ。痛くてビックリした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/08/22

ホルスの大冒険

 スタジオジブリのファンではないのだけど、息子と観にいった「崖の上のポニョ」にいたく感動したので、そのイキオイで懐かしの68年の東映アニメ「太陽の王子 ホルスの大冒険」を借りて観た(演出:高畑勲、作画監督:大塚康生、場面設計:宮崎駿)。
 最後に観たのは小学生の高学年の頃だから30数年ぶりか・・・。

 とコレを見て長い間頭の中で混乱していた事が解決。子供の頃「ホルスの大冒険」と同じように好きだったアニメ映画に「雪の女王」っていうソビエトのアニメがあった(これも30年くらい観てない)。
 主人公のカイ少年は氷の欠片(ホントは鏡の破片?)で呪いをかけられ意地悪なやつに変わって雪の女王のところへ行ってしまう、それを幼馴染の少女ゲルダが探すという感じの話。なんだけど、困ったことに子供の頃から時々見てしまう夢でどうしてもカイ少年が女の子に変わってしまう。
 と「ホルスの大冒険」を久々に観たらその女の子の顔が「ホルスの大冒険」で善と悪の心の狭間で葛藤するヒロイン、ヒルダ嬢の顔だったといことが判明。雪の女王と悪魔グルンワルドもなんか似てるし、長く観てない間に2つのアニメが僕の頭の中でぐちゃぐちゃに混ざってしまってたんですナ。情けない。

 ところでさっき北海道みやげということで「じゃがポックル」という北海道限定のカルビーのお菓子をもらった。これがなかなか美味しいポテトスナックなんだけど、名前がなんだかアイヌぽいなと頭の中で勝手につっこんでたら、またまた「ホルスの大冒険」の映像が頭の中にうかんだ。
 たしかに「ホルスの大冒険」はアイヌの話がベースで服装なんかもそうなんだけど・・・
 でも設定は北欧とか東欧とか言われてるようだし、僕にとってはアイリッシュダンスかイギリスのフォークダンスのような村人たちの踊りのシーンのインパクトが強くて、さらにヒルダが持っているエンジェルハープの音色もそれっぽく、なので北欧でも東欧でもなく・・・また頭の中がぐちゃぐちゃしてきた。
 「崖の上のポニョ」の人魚姫とワルキューレのほうがまだ設定がスッキリしてると思う。疲れてるな・・・
 と思ったらキッチンでは「ウェールズの山(THE ENGLISHMAN WHO WENT UP A HILL BUT CAME DOWN A MOUNTAIN)」って映画を観てるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/19

ツールドおきなわ

Iphone017

 久々のblog更新となってしまいました。最近仕事で脳みそが疲れてしまって気力が底を打ってました。

 夏期休暇中、息子と日立駅前の科学館で遊んでいたところbicycle park O2から「ツールドおきなわ」ツアーのお誘いの電話がかかってきた。ということで3年連続で「ツールドおきなわ」観戦(笑)です。いつも観戦ばかりではちょっと・・ということで今回は市民サイクリング部門に参加しようと思ったところ、以前店長とやろうぜと話していた「沖縄本島一周サイクリング(1泊2日) 313km」や「やんばるセンチュリーライド 189km」には誰も参加しないとのこと。ということでO2からは6名参加するという「チャレンジサイクリング 80km」にエントリー。市民レースの人たちと午後を過ごせるし最近ロングライドから遠ざかっている僕にはちょうど良いかも。

 ここ3ヵ月ほどはお客さんの所に入り込んで仕事をしている。脳みそが疲れている原因はこの仕事のためなんだけど、仕事の内容以上に困ったことが
自家用車通勤だ。作業場所が中途半端に辺鄙で田舎の公共交通機関はこういう時に不便で仕方が無い。自家用車通勤が大前提なんである。
 僕は就職してからの20数年-途中1ヶ月程度を除いて徒歩&電車通勤だった。普段は徒歩15分+電車20分(待ち時間込み)+徒歩5分の往復。この間に歩きながら音楽を聴いたり電車で本を読んだりするのが好きだったんだけど自家用車通勤になってからまったく出来なくなった。職場でこのことを話したら「音楽なんて車に乗ってても聴けるだろう」とも言われたけど、歩きながら聴くということは体を動かしてるわけだから車を運転しながら聴くのとはえらく違う。気持ちがいいのだ。この徒歩&電車による通勤でストレスを発散していたのかと自動車通勤を始めて気がついた。
 しかも最近じゃ自家用車通勤のほうがあきらかに高くつくし・・・困ったもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »