« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/18

また熊本

順調だったはずの熊本での仕事に問題が・・・ shock
ということで、また熊本です。予定外作業で皆様にご迷惑おかけしております。スンマソン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/02/13

熊本

熊本で仕事をしております。風邪がなおりきってないのでイマイチです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/02/04

ラジオトノウチ '60s~'80s その5

 僕は毎週月曜日になると足が痛くなります。月曜病と呼んでいます。風呂につかると良くなるので血の巡りが悪いのではないかと思います。
 ということで何も起きなかった(こっちは雪もつもらなかった)ので音楽の続きです。

Stevie_wonders Superstition/Stevie Wonder

 僕の高校時代の同級生に矢沢永吉の熱狂的なファンであるN本というアタマがリーゼントのヤツがいた。そのN本が矢沢永吉とならんで大好きだったのがスティーヴィー・ワンダーで、彼から何度も「ズチャッチャッチャー・・・・、迷信(Superstition)ってカッケーな」とこの曲の鼻唄を聴かされた。
 というくらいクラヴィネットのフレーズが有名な、BBAセッションのための書き下ろし曲。あれから20年以上聴いてなかったけど、家族がアルバム「トーキング・ブック(Talking Book)」その他数枚をを持っていたのでiTunesに入れた。
 この曲のクラヴィネットもそうだけどその時代の新しい音に出会うと、その音の為に曲を作りたくなったりする。90年代のテクノなんてほとんどその要素だけで出来たんじゃないかな。

Curtis_mayfields Pusherman/Curtis Mayfield

 ニューソウルの大御所カーティス・メイフィールドは僕にとっては時々ついて行けないくらい甘ったるい曲があってそれほど好んで聴いたわけじゃないけど、このゴードン・パークス・Jrの映画「スーパーフライ」のサントラはカッコよくて一時期物凄く聴き込んでいた。内容はともかく映画自体はブラックムービーの歴史の中で重要な位置にあるらしい。
 ブラックムービーのことは講談社現代新書の「ブラック・ムービー―アメリカ映画と黒人社会」が分りやすく面白いので興味のある方にオススメ。
 ってただの映画好きか・・・

Rickie_lee_joness Chuck E.'s In Love/Rickie Lee Jones

 「恋するチャック(Chuck E.'s In Love)」は中学3年の時に初めて自分の小遣いで買った記念すべき洋楽シングル。それまでも洋楽は親父や叔父さんの棚から拝借して大量に聴いていたし(そのせいでパンクロックなどはリアルタイムには有名どころしか聴いてない)サントラやクラシックなどレコードは買っていたけど、洋楽を買ったのは初めてだった。続けてこの曲が入ったアルバム「浪漫(Rickie Lee Jones)」を購入した。それ以来、発売されれば全てのアルバムを買ってる。独特の歌声で好きになったらはまります。
 このアルバムはかなりヒットして、当時たしか西田敏行が出ていた何かのCMでとてもこの曲に似ているフレーズが鳴っていた気がする。「ヤング・ブラッド」のほうだっかたな?忘れた。

Carole_kings I Feel The Earth Move/Carole King

 キャロル・キング、71年のセカンドアルバム「つづれおり(Tapestry )」の1曲目。アレサ・フランクリンで有名な「ナチュラル・ウーマン」やジェームス・テイラーのカバーで有名な「君の友達」や「イッツ・トゥー・レイト」など、このアルバムを聴いたことがない洋楽ファンはまずもぐりだろうね、ってくらい有名な曲ばっかりの全米15週連続1位でたぶんいまだに売れてるロングセラーアルバム。
 このアルバム以外にも良いアルバムは結構あったんだけど、このアルバムが偉大過ぎるんだろうね、これほどは話題にならない・・・と売れすぎるのも考え物。60年代のキング-ゴフィンのソングライティングチーム時代から70年代のソロ時代と物凄かったんだけど、その後は休息にヒットから遠ざかってしまう。70年代の終りにはキャロル・キングとは相容れないヘンテコな音楽が沢山出てきたからね。ちなみにこれ以外なら「サラブレッド(Thoroughbred )」が好きです。

Bill_witherss Ain't No Sunshine/Bill Withers

 AORな先入観があってか正直ビル・ウィザースは「ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス(Just the two of us)」くらいしか知らなかった。女の子の大好きな9年ほど前の映画「ノッティングヒルの恋人」でこの曲が流れた時に家族にビル・ウィザースの曲だと教えてもらった。もう少し聴いていても良かったかも。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »